UEC-100周年記念キャンパス企画プロジェクトVBセミナー2015 No.04 (通算No.08)

VBセミナー【先輩に学ぶ編】 記録

【写真と文 安部博文】

日時2015年4月23日(木)5限(16:15~17:45)
場所東3号館306教室
司会・進行西元岳(にしもと・がく)  情報理工学部 先進理工学科4年
学内ベンチャーグループ アシリティ(ASILITY)代表

内容
1 西元さんによる主旨説明
自分の可能性を拡大するための場です。

2 竹内さんによる情報提供20分 + パネル・ディスカッション+Q&A 50分
株式会社ビズリーチ 取締役CTO 竹内真(たけうち・しん)

「正規表現」を半年だか一年だかやるような大学は電通大以外にない。みんな驚いて一目置いてくれる。会社に入って強みになる。
電通大のすごさは調布や電通大の中にいては分からない。外に出ると分かる。

仕事ではコミュニケーションが必要。コミュニケーション力をつけるため,私立文系の友達を作ると良い。でもどうやったらそんな友達を作れるのかなあ(笑い)。

電通大に入学したとき,プログラムを書かせろ!やらせろ!という意欲満々だった。しかし,そんな授業はなかなかない。お勧めは,学生ハッカソンのイベントに出てみること。土曜日の朝にスタートし,参加学生でチームを作り,日曜の午後には成果を見せるというもの。力がつく。友達もできる。

学生ハッカソンやプログラムコンテスト,未踏など大学の外に出て自分の力をアピールする。それが色んな人と知り合う機会になる。

デザインを学んでおくと良い。「ノンデザイナーズ・デザインブック」という本をお勧めする。

ビジネスで成功するには何十回,何百回とやってみること。成功は一つのことをやり抜いた結果。失敗はあきらめた時。リスク分散のためにいろいろやるのも(賢そうに見えて)失敗への道。

学生時代は暇がある。自分が一番やりたいことをやって自分の生き方を見つけるのに良い時間だ。

みなさんに伝えたいことは次だ。10年後の日本は外国人の労働者が増える。コミュニケーションのため英語が必要になる。日本の良さは海外に出ないと分からない。シリコンバレー,NY,サンフランシスコ,ドイツ,フランスなど先進国に行って「空気」を感じること。行動したかしなかったか。これが大きな差になる。


3 まとめ 5分
・総括
・次回の予告 4月30日(木)5限,チャットワークCTOの山本さんです。