2014年11月20日(木)17:00~18:30
モバイルクリエイト・村井雄司社長との交流会

大分県の公設インキュ施設で創業し,10年で東証一部に株式公開したモバイルクリエイトの村井社長をお招きした交流会を行います。
モバイルクリエイトは,GPS・インターネット・無線など既存技術を新結合したタクシー用自動配車システムで伸びたベンチャー企業です。ボイスパケットトランシーバ,スイカ等を使った少額決済システムなど,これから伸ばす事業についての話もしてもらいます。村井社長はベンチャービジネス特論の講師であり,学生のやる気を大いに引き出してくれています。
みなさんのご参加をお待ちしています。

ゲスト 村井雄司(むらい・ゆうじ)
モバイルクリエイト株式会社 代表取締役社長
http://www.mcinc.jp/index.html
日時 11月20日(木)17:00~18:30 途中から懇親会
場所 インキュベーション施設5F会議室

2014年10月7日(火)
早川先生が日本地震予知学会をスタート

早川先生が日本地震予知学会をスタートしました。

昨年から設立準備を進めていた「日本地震予知学会」が一般社団法人として本年7月に正式に認められた。
地震の短期予知を標榜する学会は世界でも初めて。
日本地震予知学会は、地震の先行現象を総合的かつ学術的に議論し、地震の短期予知の実現に貢献する目的で設立したもの。

既存の地震の長期・中期予測に比べ、地震が発生する約1週間前の短期予測は社会的ニーズが高い。しかし,これまでは極めて困難な課題と考えられてきた。
本学会の基盤となる電磁気現象を応用した地震の短期予知の研究がスタートしたのは約20年前。
研究の進展と共に有望な方法であることが明らかになった。
同時に,物理現象が多くの謎に包まれていることも判明。
地震予知の課題は多くの学問分野にまたがっており、極めて学際的であることもはっきりした。
本学会を通して異分野の研究者の協力が進むことが期待されている。

「日本地震予知学会の設立について」のURLは以下。
http://www.eqpsj.jp/prospectus.html

第1回 学術講演会
日程 2014年12月25日(木)、26日(金)
場所 電気通信大学
募集 一般講演,投稿を歓迎。
詳細 http://www.eqpsj.jp/symposium.html

2014年9月24日(水) 10:30 ~ 21:00
第2回TOKYOイノベーションリーダーズサミット

UECインキュから4社の参加者があった第2回TOKYOイノベーションリーダーズサミットの報告です。
このイベントの目的は営業です。
参加して私が得たことは次です。
今回のようなビジネスマッチングでは,
「事前の準備=目的の設定。目標と成果測定のKPI。見込み客への案内,来訪可能性のある人への案内,ミーティングの設定,ポスター,チラシ,名刺,動画・音響の準備」
「当日の対応=セッティング,対応スタッフ,対応マニュアル,訪問の約束」
「事後のフォロー=来訪者へのお礼連絡,訪問」
などの仕組みが大事だ,ということを体感しました。
参加のきっかけはブレークスルーパートナーズの赤羽さんからのお誘いでした。

名称 第2回TOKYOイノベーションリーダーズサミット
日時 2014 年9 月24 日( 水) 10:30 ~ 21:00
会場 虎ノ門ヒルズ
主催 イノベーションリーダーズサミット実行委員会(SEOU 会、ドリームゲート/株式会社プロジェクトニッポン)
後援 経済産業省
URL https://www.dreamgate.gr.jp/jsn/ils.php

パンフレットはこちら>>

2014年9月14日(日)13:00-13:40
国際戦略経営研究学会の総会でインキュの発表をしました

報告しながら感じた気付き,質疑応答で得た気付きをもとにこれからの支援を進化させて行きます。

テーマ 電気通信大学における大学発ベンチャー企業の支援戦略
日時 2014年9月14日(日)13:00-13:40
場所 中央大学 後楽園キャンパス 3号館 会場B(11F 31100号室)
内容 25分発表。15分質疑応答。資料はこちら>>

質疑応答。

Q1 ベンチマークするモデルはないのか?
 A 設定していない。(されるくらいにならないと)
Q2 オープンイノベーションの考え方は入れていないのか?
 A 入れている(当然)。大阪ガスのケース。企業規模が違うので,やり方は異なるけれども。
Q3 これまでの支援の方法についての評価は?
 A 良いと思っている。しかし,いま変革・強化が必要だ(だからその一環で今回発表している)。
Q4 単年度の指標(売上高・従業員数・納税額・付加価値額)とは別に経営者のやる気を引き出す指標はないか?
 A 経営者とFace to Faceのミーティング。私が話に納得・共感すると経営者の顔が輝く。顔の輝き度(?)。
Q5 電通大はスタンフォード大学を目指すのか?
 A ごにょごにょ・・・。
Q6 資料の最後に「やるしかない」と言っているのだから,ぐずぐず言わず目指すと言い切ったらどうか。
 A はい,そうですね(汗)。

発表の感想。
これでは弱い。もっと魅力的な旗印(コンセプト,ビジョン,キーワード,キャッチフレーズ)が必要だ。
社名を聞いた人が「ああ,あれね」と言うような,知る人は知っている好事例が必要だ。
支援では,(旧帝大系,旧1期校,私立大)とは異なるUECならではの発想・位置取り・作戦行動が必要だ。

詳しくは,9月19日(金)18:00からのミーティングでご報告します。

2014年6月17日(火)
経済産業省 “Innovative Technologies 2014”の募集

経済産業省が,我が国の優れたコンテンツ技術を発掘・評価するための事業 “Innovative Technologies 2014”の募集を開始しますのでお知らせします。

採択されるとデジタルコンテンツEXPOで展示してもらえるようです。

「過去の採択技術」を見ると2013年度に野嶋研究室と(株)シンフォディア・フィルが「毛をモチーフにした柔らかいインターフェース」で採択されています。

詳しくは下記を御覧ください。
http://www.meti.go.jp/press/2014/05/20140526001/20140526001.html

2014年6月12日(木)
【情報提供】 田町で博報堂のインキュベーション施設がスタート アプリ開発者は要チェック

2014年6月12日(木),TBWA HHAKUHODO QUANTUMのマネージングディレクター,及部智仁(およべ・ともひと)が来学され,同社のインキュベーション促進の取り組みを伺いました。
みなさんのプログラム技術等を活かせる可能性がありますので,ご紹介します。

話のあらまし
これからの博報堂は成長事業をプロデュースしてWIN-WINを目指す。 そこで米国のTBWAと手を結び,今年度からインキュベーションを始めた(博報堂はアクセラレータと言っている)。
http://goo.gl/ikRjNr

特長は,スポンサーについてくれそうなスポンサーに狙いをつけて活動を行なう点である。
スポンサー企業のニーズにマッチするプロトがOKとなれば本格的に事業活動をスタートする。
この活動を行なうのが「TBWA HHAKUHODO QUANTUM」というアクセラレータ(すなわちインキュベーション)である。

私が聞いた限りではスポンサー企業の製品やサービスを引き立てるようなアプリ開発(IoT)のような印象でした。

どんなスポンサーがいるのか。そのスポンサーはベンチャーに何を期待しているのか。入るにあたっての条件は何か。・・・。
そのあたりの情報は上記URLから情報を集めてください。

所在地 港区芝浦1-13-10 第三東運ビル9F 株式会社TBWA \ HAKUHODO オフィス内
JR⽥町駅東⼝下⾞ 徒歩7分

2014年6月4日(水)13:00-16:00
「産学連携DAY」で電通大ベンチャー総出演

6月4日に電通大が「産学連携DAY」のイベントを行います。
その一環で,インキュベーション施設の入居企業,電通大発ベンチャー企業,学生らによる連続プレゼンとパネルディスカッションがあります。
プログラムを公開しますので,電通大のベンチャーにご関心をお持ちの方にはぜひご参加いただきたくご案内いたします。
事前の登録は不要です。当日,受付で番号カードを貰ってください。
プログラムはこちら>>

日時 2014年6月4日(水)13:00-16:00
場所 新C棟1階103室(地図はこちら>>
(新C棟は地図の8番の,「番」の文字がかかった所です。
1Fの教室なので,外から様子が見えます)

2014年4月28日(月)
【募集情報】東京都が東京都ベンチャー技術大賞2014の募集をします。大賞が300万円。優秀賞が150万円。チャレンジしませんか。締切は5月28日(水)。詳しくはこちら>>
2014年4月21日(月)~26日(土)
激務の合間にアートを 早川知之個展のご案内

仕事の合間に芸術に親しんでいただくのもよろしいのではと思いまして,美術個展のご案内をいたします。

今回ご紹介する早川さんの個展には,私は毎回覗いて作品を鑑賞しています。アクリル系絵の具を使用し,具象<抽象のカラフルな作品群が楽しめます。ご本人はギターをなさるそうで,エレキギターを描いた作品があります。良いですよ。会場には早川正士先生ご夫妻が揃っていることもあり,温かいおもてなしも嬉しいです。

 早川知之個展
 http://www10.ocn.ne.jp/~tomohaya/

期間:4月21日(月)~26日(土)
時間:11:30~18:30(最終日のみ16:00まで)
場所:ギャラリー ミハラヤ
アクセス:http://www.gallerys.jp/town/tokyo/miharaya/

2014年4月1日~5月31日
【情報提供】研究開発助成金のご案内

三菱UFJ技術育成財団が,助成金に関心を持つ企業を対象に,上限300万の助成金の公募を行いますのでご案内します。

先  方:三菱UFJ技術育成財団 事務局
内  容:平成26年度 研究開発助成金(第1回)
募集期間:4月1日~5月31日
詳  細:http://www.mutech.or.jp/subsidy/

2014年5月初旬まで
【情報提供】「超3D全周シアター4D王」の無料招待券について

福岡の株式会社ピー・ビーシステムズという会社が3D映像装置を手がけています。
その会社に大学時代の友人がいて,興味を持ってくれる人へということで,「超3D全周シアター4D王」の無料招待券を5枚預っています。
行ってみようという方はメールでご希望の枚数を連絡してください。

有効期間 5月初旬まで。
場所 東京お台場ヴィーナスフォート店「4D王」
https://www.pbsystems.co.jp/emosys_place&spec.html

2014年2月28日(金)~2014年6月30日(月)17時【当日必着】
『平成25年度補正予算 創業補助金(創業促進補助金)のご案内』


平成25年度補正予算 創業補助金(創業促進補助金)のご案内です。

対象者:新たに創業(第二創業を含む)を行う者。
内 容:創業等に要する経費の一部を助成する事業。
目 的:新たな需要や雇用の創出等を促し我が国経済を活性化させること。

公募の受付・審査、補助金の決定・交付は、各都道府県の事務局が実施。

(1)公募期間
平成26年2月28日(金)~平成26年6月30日(月)17時【当日必着】
※平成26年3月24日(月)までに受付した案件については、先行して審査を実施します。
 
(2)対象者
「創業者」及び「第二創業者」
※前回あった「海外需要獲得型」は「創業者」に含まれます。
※今回新たに「NPO」も対象になります。「中小企業者と連携して事業を行うもの」等の条件があります。
(3)補助額等(「創業者」「第二創業者」とも共通)補助対象経費の2/3以内で上限200万円(下限100万円)

(4)補助事業期間
平成27年8月末まで

▼申請書受付・お問い合わせ先
各地域事務局が窓口となります。
連絡先は全国事務局(中小機構)HPをご覧下さい。
<創業補助金(創業促進補助金)公募のご案内(中小機構HP)
http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html

<創業補助金(創業促進補助金)公募のご案内(中小企業基盤整備機構HP)>
http://www.smrj.go.jp/utility/offer/075939.html

(創業補助金チラシ)←関東局HPからダウンロードできます。


▼本件についてのお問い合わせ先:
関東経済産業局地域経済部新規事業課 電話:048-600-0275(直通)

2014年3月29日(土)13:00~16:00
『ベンチャー企業や新事業の創出支援について議論する場のご案内』


NEDO・日本総研・東大産学連携本部が行った「Technology Commercialization &Venture Partnership Program(国内版)」の成果を振り返り,今後のベンチャー企業や新事業の創出支援について議論する場のご案内です。

対象:
技術シーズの事業化に関心を有する国内の大学・研究機関等に在籍する若手研究者,助教,ポスドクや大学院生,学部生。将来起業することを視野に入れている方。

日時:2014年3月29日(土)13:00~16:00
場所:東京大学産学連携プラザ 2階会議室
   http://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/jp/contact/index.html
主催:株式会社日本総合研究所、東京大学産学連携本部
内容:
(1)Japan OPEN Innovation Platformの取組について 13:05-13:35
東京大学 産学連携本部 イノベーション推進部長 教授 各務 茂夫氏
   http://www.ducr.u-tokyo.ac.jp/jp/mission/profile_kagami.html
(2)関東における大学発技術シーズのイノベーションに関する取組
<各社の講演> 13:35-14:40
株式会社東京大学エッジキャピタル ジェネラルパートナー 辻秀樹氏
ウエルインベストメント株式会社 投資部部長、ファンドマネージャー 前田信敏氏
株式会社三井住友銀行 成長事業グループ グループ長 佐藤正義氏
東京大学 新領域創成科学研究科 高木・早稲田研究室 小平翼氏
<講演者らによるパネルディスカッション>14:50-15:30
(3)NEDOの今後の取り組みについて 15:30-15:50

参加方法:メール申込。
件名:3月29日参加申し込み
送信先:kuwabara.yuuki@jri.co.jp
下記フォームに必要事項を記入し送信。

**************≪返信フォーム≫*************
【所属】
【氏名】
*****************************************

【お問い合わせ】
株式会社 日本総合研究所 総合研究部門
桑原 優樹
TEL:03-6833-6587
E-mail:kuwabara.yuuki@jri.co.jp
〒141-0022
東京都品川区東五反田2-18-1
大崎フォレストビルディング

3月14日(金)18:00~
『ミニ懇親会のお知らせ』


プレインキュに新入居者が決まりました。
また,いくつかご報告がありますのでミニ懇親会を開きます。
ご都合OKの方はご参加ください。

日時 3月14日(金)18:00から19:30
場所 UECインキュベーション施設5F会議室
方法 持ち込み形式
主催 IM安部(仮)

内容 1. プレインキュ新入居者紹介
 グループ名 Pac Pac Laboratory
 代表 佐藤俊樹SATO Toshiki 
 所属 情報メディアシステム学専攻・助教

2. ご報告
 将来の移転先候補。2017年に完成予定の新しい建物(小島町再開発)。
 ベンチャービジネス概論2014。
 その他。

2014年3月7日(金)13:00~18:00
『第10回研究成果発表会 大学発ブランド商品の紹介Part2
~ヘルスケア:食品・化粧品・健康食品・介護など」開催のお知らせ』


コラボ産学官主催,「第10回研究成果発表会 大学発ブランド商品の紹介Part2 ~ヘルスケア:食品・化粧品・健康食品・介護など」にIM(URA)推薦でスマートコミュニケーションが発表することになりました。

発表内容:センサーネットワークを使った人や設備の見守りシステム
会社名:株式会社スマートコミュニケーション
発表者:取締役会長 尾崎研三(おざき・けんぞう)

日時 平成26年3月7日(金)13:00~18:00
場所 タワーホール船堀3F(東京都江戸川区船堀4-1-1)
発表会について 年2回,特色ある大学の研究シーズを首都圏の企業にご紹介・交流する事業。