No.031

平成26年度第2回オープンキャンパス
電通大ベンチャー陣の進学アドバイス 記録

【写真と文 安部博文】

目的みなさんに理系大学を進学先に選ぶメリットをお伝えすること
日時2014年11月22日(土)15:00~16:30
場所B棟201教室
方法パネルディスカッション方式によるショートレクチャー,意見交換,質疑応答。
メンバー西元岳(Nishimoto Gaku) アシリティ(ASILITY)代表 / 先進理工学科3年Z
脇田英(Wakita Suguru) 株式会社CodeNext代表取締役 / 先進理工学科3年
城野遼太(Shirono Ryouta) 株式会社MTMシステムズ代表取締役 / 大学院修士課程修了
前川和也(Maekawa Kazuya) 株式会社ハートビーツCOO / 九州工業大学卒業
渡邉恵理子(Dr. Watanabe Eriko) 株式会社Photonic System Solutions技術顧問 / 先端領域教育研究センター 特任助教
佐藤俊樹(Dr. Satoh Toshiki) 対話型メディア技術研究所技術顧問 / 大学院情報システム学研究科 助教
安部博文(Dr. Abe Hirofumi) 産学連携センター 特任教授 / 司会

お伝えしたメッセージ
(1)理系大学に進む選択肢はクールだ / 数学・物理・英語はしっかりやっておくと良い。
(2)大学に入った後にすることのイメージを持つ人はスマートだ / 高校までの勉強は大学での学びの基礎。
(3)卒業した後のキャリアパスについて考察できる人はワイズだ / 就職,大学院進学,ベンチャー。


内容
1 「電通大ベンチャー陣」についての説明
2 メンバーの自己紹介
3 参加者全員とQ&A
Q 親として受験期の子供にどう接したら良いのか? (親子4人で参加した母親)
A 勉強しなければいけないことを本人は分かっている。だから親が勉強せよと言っても効果がない。それより信頼することだ。
Q 高校に進学先を提出する必要がある。どこを書けば良いだろうか? (高2男子)
A 心の中に思っている大学があるはず。(質問者うなずく) それを書けばよい。

総括
・全員参加型で行った。教室にいた全員が何らかの発言をする機会があった。
・やっている側もお互いの考え方や質疑応答を聞いて楽しめた。学生がしっかりしているのに驚いた。

次回に向けた改善事項
・当日の告知: テーマ,時間,場所を書いたチラシを作り,説明会終わる11:30に配布。
・時間前に呼び込みをする。入りにくいな,と思って迷っている人を誘導する。
・開始時間の30分前から準備に入ること。