【Django勉強会 記録】

【写真と文 安部博文】

日時2017年3月9日(木)16:00~17:30
場所電気通信大学 西 11号館 2階ピクトラボ
講師宮澤修,長安尚之
出席者3名(プログラミング教室講師 3名)教員
教員安部博文

1 第1期教室の教材確認
・第1期教室講師リーダーの宮澤さんが 3月 19日の授業(3月12日は後期入試のためお休み)で行うDjango チュートリアル「テスト」の説明のリハーサルを行った。

2 第2期教室の教材確認
・第 2期教室講師リーダーの長安さんが 3月 19日の授業で行う教材(Chapter5-1 デスクトップアプリ)と説明のリハーサルを行った。
授業のパタン化を検討: まず要点を解説する。次に,サンプルコードの目的=何をしようとするコードなのかを説明する。生徒がコードを打ち込んで動かす。次に生徒が自分でちょっと工夫を加えたものを作って披露する。このパタンを次回試すことにした。生徒に創造性を発揮させるため。

3 第 3期教室のイメージ
・最初の 2回は ITパスポートのテキストから Python に関係ある概念や用語を勉強してウオーミングアップする,というやり方について相談した。次回,講師全員が集まった時,再度協議する。