【武蔵野美術大学 3D 講座 記録】

【写真と文 安部博文】

日時2016年8月23日(火)~26日(金)4日連続 10:00~16:00(最大17:30)
場所武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス 東京都小平市小川町 1-736
14号館 4階 コンピュータ室
講師武蔵野美術大学 工芸工業デザイン学科 田中 桂太 教授
参加者28名

1 目的
・高性能 3D CAD 機能を備えた Creo Parametric(Solid Works の上位版)の習得と筐体設計演習及び3Dプリンタの使いこなし。
・4日間で、3D造形からチーム設計、CG制作まで。

2 内容
・当初のスケジュールは22日から26日の 日間を予定していた。しかし 22 日が台風だったため23日からの4日間に短縮して実施した。
・内容は,Creo Parametric の操作,移動体の筐体デザイン実践,腕時計のデザインとレンダリングである。
・最終日は長澤学長がコンピュータ室まで視察に来室してくださった

▲音声ガイドを聞きながら自分のペースで学習を進める(写真上)。
教室は2016年4月に完成した新キャンパスの4階(写真下)。


▲質問には田中先生が個別に対応。

▲長澤学長(左から二人目)に教材を説明する田中教授(右)。

▲受講生に3D講座の終了挨拶をする田中教授。後方に長澤学長。安部が田中先生と長澤学長へ謝辞挨拶をした。

3 受講者の感想
・Aさん
武蔵美で田中桂太先生の 3DCAD・筐体設計の 5 日間の講習を(台風のせいで実質 4 日間になったけど)みっちり受講してきた。3DCAD の可能性と、今まで疎かになっていた外見の重要性に気付く良いきっかけを頂いた。とても素晴らしい体験だった。
・Bさん
先日は3D講習を開講してくださり、ありがとうございました。私は将来CGクリエイターになりたいと考えているので、この講習は学びたいと思っていたことが盛りだくさんで、とても充実した4日間でした。また、武蔵野美術大学で開講されたことで、洗練されたデザインの建物や、廊下に展示された生徒の作品に刺激を受けました。今回教 えてくださったことを活かして技を磨いていきます。ありがとうございました。
・Cさん
先日の 3D 講習会において、とても実用的でわかりやすいご講義をしていただきありがとうございました。私はモデリングの経験は一切無かったのですが、今回の講義では Creo を用いてモデリングをゼロから教えていただき自分でモデルを作れるようになりました。今までは自分とは縁のない分野だと思っていましたが今回の講義で興味を持つ良いきっかけになったと思います。
・Dさん
武蔵野美術大学のコンピュータ環境が素晴らしく、さらに田中先生の分かりやすい講義と、個別質問に対する的確な御助言により、短期間で3D CAD やレンダリングの技術を学ぶことができました。
これからは、学んだ事を活かして新しい創作や研究につなげていきたいと思います。
貴重な機会を下さいました両大学の先生方に感謝致しております。今後、武蔵野美術大学の方々と協力して創作する機会がありましたら参加したいと考えております。
・Eさん
今回の講習では、CADについてほぼ何も知らない状態から簡単な電子機器の製品設計まで行うことが出来て、勉強になりました。電気通信大学には電子工作が出来ても製品設計が出来ない人が多いのではないかと思うので、今回の講習はとても有意義な物だったと思います。僕個人も、今回学んだ事を用いて自作の機器の製品設計に挑戦するつもりです。最後になりますが、3D 講習会をして頂きありがとうございました。
・Fさん
私は Creoのようなモデリングソフトを扱ったことがないので、初日はなかなか操作に慣れず、戸惑いました。しかし、最終日には自分で時計をモデリングできるようになりました。この 4 日間で、本当に多くの技術を身につけることができました。これらの技術を、これからどんどん活用していきたいです。4 日間、ありがとうございました。
・Gさん
先日はとても貴重な体験をさせていただいてありがとうございました。某動画サイトなどをみておりますと、器用に3Dモデルなどを造型している姿などを見ていて、「自分でもこういうのができたらなぁ」と考えていました。その矢先に、今回の3D講習のお話をいただいて、「これしかない!」と思い、すぐに応募させていただきました。また、今回の3D講習会では基本的なことからしっかりと教えてくださり、最後には時計をモデリングできるようになるまで至りました。時計がモデリングできて、レンダリングをして色がつき、綺麗になった画像を見たときとてもうれしかったです。「こんなのをつくれるようになったんだ」と感動しました。
今回のこの3D講習会の経験をいかして、良質なプロダクトを作っていこうと思います!
本当に今回はこのような講座を開いていただき、有難うございました。
・Hさん
今回の武蔵野美術大学 3D 講習の際には大変お世話になりました。 CAD の経験はなかったのですが、ビデオを使った分かりやすい講習のお陰で、ある程度ですが 3Dのモデルを扱うことができるようになったと思います。また、質問にも丁寧に対応していただき、すごく良い環境で学ぶことができたと感じています。
今後も Creo などを活用し 3D モデリングへの理解を進めていきたいです。本当にありがとうございました。
・Iさん
この度は 4 日間に渡る 3D 講習会を開催していただき本当にありがとうございました。
3Dについては全くの初心者でしたが、説明がとてもわかりやすくスムーズに理解することができました。今回の講座で製品の筐体の考え方を身につけることができました。私は来年から電機メーカーの開発エンジニアとして働く予定です。直接筐体の開発に関わる仕事ではないかもしれませんが、新しいものの考え方を身につけることができ、非常に貴重な経験でした。重ねてお礼申し上げます。
・Jさん
3DCAD 講習を開講して頂きありがとうございました。今回の講習を通じて外装の設計や、アイデアをまとめる為の簡易的なモデリングとレンダリングができるようになりました。習った技術を使って、外装まで作り込んでみようと思います。
・Kさん
この度は 3D ソフトの講習をしていただき、ありがとうございました。あっという間に過ぎた 4 日間でしたが、得るものは大きかったです。3D ソフトは、いつか使ってみたいけれど、今までなんとなく敬遠してしまったものでした。習得するためにはお金と時間がたくさんかかると思っていたからです。でもそれはどちらも間違いで、本当は学生に対して金銭面で優しく、また適切な指導者に習えばすぐにある程度操れるものだとわかりました。今後は電通大の 3D プリンタを使って、出力に挑戦します。ひとつ心残りなのは武蔵野美術大学の生徒と話す機会がなかったことなので、今後も何らかの形で交流したいです。
・Lさん
田中先生、3D 講習会での4日間のご指導、ありがとうございました。長澤学長、今回の講習会にあたって学びの場を用意してくださり、ありがとうございました。
私の所属する学科では学ばない技術を今回の講習会では身につけることが出来ました。この力をプレゼンなどで発揮していきます。今度は、私たちが持つ技術を武蔵野美術大学に提供することで恩返しをしたいと考えています。今後もよろしくお願いします。
・Mさん
5日間を予定していた講演が台風の影響で 4 日間と短くなってしまった中で、CAD を用いた 3D モデルの造形や設計、テクスチャマッピングを使ったデザインについて多くの事を学ぶことができるような講義をしていただき、非常に感謝しています。また、武蔵野美術大学での開講ということで教室と機材を提供してくださったことも感謝しています。講習で学んだことを土台としてさらに 3D モデリングについての知識を深めていきます。
・Nさん
今回の CAD 講習では、モデリングからポリゴン化・レンダリングまでの一通りの過程を学ぶことができました。
CAD を扱ったことがなくまたポリゴンモデリングでの煩雑さを経験していたため大変緊張しておりましたが、最後にはレンダリングソフトでスクリーンショット作品を制作することができるまでに成長しました。
本企画を発案・進行してくださった皆様に厚く御礼申し上げるとともに、今回培った知識・技能をアドバンテージとしてさらなる向上に努めてまいる所存です。