早川社長のプロフィール
1944(S19)年2月26日,名古屋市生まれ。
1966(S41)年,名古屋大学工学部電気工学科卒業。
1968(S43)年,同大学院工学研究科電気工学専攻修士課程修了。
1970(S45)年9月,同大学院工学研究科電気工学専攻博士課程中退。
1970(S45)年10月,名古屋大学空電研究所助手に着任。
1978(S53)年7月,名古屋大学空電研究所講師。
1979(S54)年8月,名古屋大学空電研究所助教授。
1991(H3)年4月,電気通信大学教授。
2009(H21)年3月,電気通信大学を定年退職。
2009(H21)年4月,電気通信大学名誉教授・特任教授。

【研究活動】
研究活動は”電磁環境学(又は電波理工学)“と総括できるが、具体的内容は下記の通り。
  • (1)宇宙電波科学(地球周辺大気層(電離圏/磁気圏)での電磁雑音(プラズマ波動)の発生と伝搬、プラズマ構造など)
  • (2)大気電気学(大気圏雷物理と特性、空電特性、世界雷分布、ELF雑音(シューマン共振)、中間圏発光現象など)
  • (3)地震電磁気学(地圏からの電磁雑音、電離層擾乱、電磁気手法を用いた地震予知など)
  • (4)環境電磁工学(EMC)(電気/電子機器からの電磁雑音の特性、その抑制など)
  • (5)高度信号処理(方探(方位測定)の開発、臨界特性解析、予測(予知)手法等)

【研究業績】
発表論文は査読付き論文だけをリストする(国際会議での発表は記さず)。
論文リストはこちら>>